2014/10/28 まとめ

-D-25系統のHEダメbuffはキャンセルになりそう
-MM優遇はプレミアム戦車の特徴ではない プレミアム戦車の大部分はMM優遇なし
-MM優遇がプレミアム戦車から消されたのはType59一回のみ プレミアム戦車はその逆でMM優遇を得る傾向にある
-WoTはベータ時代からScaleformをUIに使っている
-アーチャーのプレイはクルセイダーSPGと同じになりそう
-WTE-100の半分以上はワンプリップも撃てずに爆散している
-M48pattonのbuff予定なし
-第六感のリワークは来年になりそうで、その時スキル/パークのオーバーホールが行われそう
-多くのパークを持った乗員を持った古参プレイヤーがOPになるので、パークのリワークによってパークの重要性を向上させることはない
-HDモデルのテストはIS-4で行われている
-開発者は、少しだけオブジェクトが壊れるようなHavokエンジンを実装するのは恥ずかしいと思い、代わりに建物が壊れるようにしようとしていてその結果実装が遅れている そして現在パフォーマンスの低下の問題で苦しんでいる
-Artyの精度を普通にするのならば、その埋め合わせをダメージ、照準時間、弾の飛翔速度のnerfでしなくてはならず、開発者はそれを嫌っている
-開発者はHEを普通のHEとARTY用のHE(ダメージnerf)とで分離しようと考えているが、かれらは非現実的だと考えている
-パッチ0.9.9の次は1.0.0ではない 0.9.20になる可能性もある
-新しいの戦車のリリースと関連したTier6~8の完全リバランスは考えていない
-0.9.4で0.9.4test2までの音声を使うことに問題はない
-ゲーム起動時のイントロビデオについてオプションでスキップできるようにする予定はない ESCで飛ばせるだろ
-9.5は新年までに確実に来る
-HD化についてリリースの遅れ以外に作業の遅れはない 多くの車両が同時進行でリモデルが行われている
-LTを通常MMの紙装甲MTとすることは議論されていない
-現在、LTの調整は視界のbuff/nerfでのみ
-ガレージのカスタム、選択については考えていない
-プレイヤーが戦車の見た目をカスタムできるようにするアイディアはあるが、車輛がHD化されたあとに延期
-現在、dynamic tank characteristics???について作業していない
-開発者は対botのTBのPvEモードについtも考えている
-現在、1×1km以上のマップのリリース予定はないが1.2×1.2km、1.4×1.4kmのマップのテストは行われている これらのマップはランダムバトルに実装されると考えられていて、これらの大きなマップは既存のマップの拡張によって実装されるようだ
-多くのプレイヤーは森のなかにキャンプしてスポットされた戦車を撃つのが好きなので、ムロバンカのリワークが不評だとStormは認めた
-すべてのモデルはHD化される
-HDKV-220がT-150砲塔を得るかは不明
-“critical hit bell”の音声は戻ってこない
-ミニマップはリワークされるようだ
-HESHのメカニズムの変更を考え中
-金弾について開発者が利用可能な情報はまだない
-トナメ戦車が優先的にHD化されることはない
-9.5で再び新しい砲撃音声が実装されるかはわからない
-ガレージ内の戦車の戦績だけを表示するオプションは永久実装
-9.4test2までの音声は完全に廃案となり 別途modとして配布されることはない
-Dx11サポートの実装時期未定
-340mm砲搭載の日本自走迫撃砲は実装されそうだが、2015年中ではない
-現存のイギリスツリーとファイアフライツリーとの接続はある
-FV4202とChieftainのHDモデル作成はまだ始まっておらず、ボービントンから情報を収集している(9.6での実装を期待するな)
-HD化のために多くのモデラーが頑張っている
-M103の方にバグあり
-PvEモードのbotを作るのはプレイヤーbotを作るより簡単ではない プレイヤーbotはクライアント側で動いていて最適化されてないのに対しPvEのbotはサーバーに負担をかけ過ぎないようにしなければならない
-PvEモードのwaveのようにヒストリカルモードも実装されるようだ

広告

ASIAサーバーでのCWのこれからの計画

この情報が公式なのかリークなのかはわかりません
この情報は今現在から2015年中旬までの計画で元記事の人がよくわからなかった内容はオミットしています

-10月の終わりまでに400あるプロビンスを160まで減らす
-ゴールド収入の増加(プライムタイムあたり平均800G)
-マップチェンジはワイプで行う
-CWCはクリスマスを通して行われる
-クリスマスのあとCWマップは、今までどおりの経験者向けのモードと、タンクロックなしで最高ティア8の初心者向けだがゴールド収入が75%カットのマップの2つに別れる可能性がある
-上記の変更は一時的なもので2015中旬にはCW2.0が始まって全世界がマップになる。元記事の人の理解が正しいのならば、全世界が同時に使われるわけでないが、CWCでは全世界の一部が同時に使われる

2014/10/17 まとめ

http://ftr.wot-news.com/2014/10/17/17-10-2014/

-9.4テストは明日に延期(ロシアの)
-Q:もし敵のエンジンを壊して、その車両を他の誰かが撃破した時、なぜ履帯を切った時と同様に追加経験値を得られないのか
A:SerB「Storm、言っただろう、彼らは絶対に満足しないんだ。履帯切りのボーナスをなくそう」
-M41WBは今のところnerf無し
-新しいムロヴァンカはすべての1000×1000でないマップを大きくする最初の実験
-9.4では最適化が行われる あるケースではとても意義のある最適化になる
-スターリングラードは実装時にはHavokなしで9.4にて実装される(ドイツのフォーラムのパッチノートには書かれていない まだ確認が取れていない)
-ベースが2つのアサルトはTBのみ
-遊びたいマップを選ぶ(BANする)機能は今のところ実装予定なし
-榴弾のダメージは半分に軽減されない(非貫通の時よりダメージは大きくなる)Stormによるとこれは非現実的だ ???

Obj260,T28Concept,T95E2の性能確定版

http://ftr.wot-news.com/2014/10/16/straight-outta-supertest-object-260-t28c-t95e2-finalized-stats/#more-18305

T28Concept
Tier7 アメリカ TD

-側面装甲が101mmから102mmに
-車体重量が70tから73tに
-出力重量比が13,71から13,15に
-HOが900から880に
-照準時間が2,1sから2,3sに
– RoFが6,74から6,45に

-HP 880
-重量 73t
-視界範囲 370m
-無線範囲 570m
-装甲 203/102/50
-エンジン 960馬力
-出力重量比 13.15hp/t
-最高速度 29km
-車体旋回性能 18度/秒
-主砲 105mm T5
-アルファダメージ 320/320/420
-貫通力 181/224/53
-Rate of Fire 6.45
-精度 0.40
-照準時間 2.3s

T95E2
Tier8 アメリカ MT

特に変更なし

-HP 1500
-重量 39.75t
-視界範囲 390m
-無線範囲 745m
-車体装甲 95/71/25
-最高速度 56/21km

エンジン Continental AOI 1195-5
-馬力560馬力
-出火率 15%
-出力重量比 15.28hp/t

履帯 T114
-車体旋回性能 36度/秒
-接地抵抗 0.9/1.1/1.9
-走行時照準分散 0.22 ???

砲塔
-砲塔旋回性能 32度/秒
-砲塔装甲 178/102/51

主砲 90mm M41E1
-アルファダメージ 240/240/320
-貫通力 173/250/45
-モジュールダメージ 122
-装填時間 7.5s
-Rate of Fire 6.45
-精度 0.36
-照準時間 2.3s
-弾数 64
-仰俯角 -9/19(後方では-6/19)
-砲塔旋回時照準拡散 0.12

Obj260
Tier10 ソ連 HT

– 無線範囲が720mから570mに
– 重量が70,95tに
– 出力重量比が19,57hp/tから16,91hp/tに
– アルファダメージが390/390/465から440/440/530に
– 貫通力が225/265/68から260/340/68に
– RoFが4,88から5,217に
– DPMが1903から2295に
– 精度が0,37 から0,36に
– 照準時間が2,8sから2,5sに
– 仰俯角5/+15

-HP 2100
-エンジン馬力 1200馬力
-重量 70.95t
-術力重量比 16.91hp/t
-最高速度 60km
-車体旋回 28度/秒
-車体装甲 150/150/70
-砲塔装甲 350/240/100
-主砲 122mm BL-13-1
-アルファダメージ 440/440/530
-貫通 260/340/68
-DPM 2295
-RoF 5.217
-精度 0.36
-照準時間 2.5s
-砲塔旋回速度 26度/秒
-視界範囲 400m
-無線範囲 570m

スーパーテスターからのリーク ISU-130

http://ftr.wot-news.com/2014/10/15/straight-outta-supertest-isu-130/#more-18295

Tier8 ソ連 TD
-HP 1000
-重量 52.6t
-視界範囲 370m
-無線範囲 440m
-戦闘室の装甲 90/75/60
-車体装甲90/90/60
-エンジン V-2-10 520馬力
-出力重量比 11.10hp/t
-最高速度 34/12
-車体旋回性能 24度/秒
-接地抵抗 1.1/1.3/2.1
-砲可動範囲 2/9.92(左/右)
-仰俯角 -1.12/14.23
-主砲 130mm S-26
-アルファダメージ 490/570/640
-貫通力 215/187/65
-モジュールダメージ 180
-装填時間 13.9s
-精度 0.40
-照準時間 3.0s
-弾数 25

ISU-130_1  ISU-130_2

 

2014/10/15 まとめ

http://ftr.wot-news.com/2014/10/15/15-10-2014/#comments
-WoWpは次のパッチでハンガーの種類を選べるようになる WoTでそうなるかは不明
-Furyの機動性は接地抵抗向上のお陰でM4A3E8と似ている
-精度の分布について「照準円の端っこに弾が飛んで行く確率が極端に小さいとこは数学的観点から普通と言うことはできない」この分布はリワークされるらしい

最後の訳に関しては原文を読むことを推奨(ガバガバ翻訳)